北向観音と言えば厄除け!駐車場や御朱印など参拝情報を紹介

北向観音堂(長野県上田市別所温泉)



北向観音について

北向観音(きたむきかんのん)は、長野県上田市別所温泉にあります。

近くにある常楽寺(天台宗)の伽藍の一部であり、常楽寺が護持しています。

御本尊は「千手観音菩薩」です。通常、寺院は南向き(あるいは東向き)であることが一般的ですが、堂が北向きとなっているため、「北向観音」と言われています。

堂が北向きになっている理由には諸説ありますが、「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」という観音の誓願によるものと北向観音堂の資料には説明されています

常楽寺は北向観音から徒歩7分程度、自動車で3分程度の場所にありますので、北向観音と一緒に参拝するのがおすすめです。北向観音が出現した「石造多宝塔」への参拝がおすすめです。石造多宝塔がある場所は、空気感が本当に違います。

常楽寺(長野県上田市)の本堂

善光寺だけでは片参り

古くから、「善光寺だけでは片参り」と言われ、南向きの善光寺と北向きの北向観音の両方を参拝する「両参り」が伝えられてきました。

これには、向きだけではなく、ご利益という側面での理由もあります。

北向観音の御本尊は、「千手観音菩薩」であり、災難・延命・病気治癒などあらゆる現世にご利益があるとされています。一方、善光寺の御本尊は「阿弥陀如来」であり、極楽浄土に導くという来世へご利益があります。北向観音と善光寺の両方に参拝することで、現世と来世の両方のご利益を得られると考えられているのです。

北向観音堂

北向観音参道入口
北向観音の参道にあるお店

参道入口から北向観音堂へ向かう参道には、お土産物店や飲食店が参道両脇に立ち並んでいます。

北向観音へ向かう石段

北向観音堂へは段数の多い石段を登る必要があります。

北向観音の本堂

北向観音のお堂です。

御本尊

長野県上田市別所温泉の北向観音堂
北向観音堂にある参拝者への案内
北向観音の由緒

北向観音堂
天台宗 開山 慈覚大師
この本堂に安置さる本尊は、千手観音菩薩である
南面の善光寺阿弥陀如来に相対しているところから「善光寺」だけでは「片詣り」になると傳えられており又古くから「厄除観音」として知られている

北向観音堂には、千手観音菩薩が安置されています。

参道沿いのお店にも「厄除け饅頭」などが多く販売されていますが、地元では北向観音といえば「厄除け」にご利益があるという認識が強いと言えます。

御朱印

2022年4月24日に参拝した際の御朱印を紹介します。

北向観音でいただくことのできる御朱印

御朱印巡りの企画として「邂逅遭遇ご利益巡り」が行われており、そのパンフレットが掲示されています。また、「上田市日本遺産御朱印」の限定頒布も行われていました。

北向観音堂にある御朱印の説明書き

御朱印の説明がされています。

御朱印って何のためにするの?
御朱印が一般的に広まったのは江戸時代と言われます。かつて霊場めぐりで自社を訪れた参拝者が、写経を奉納し、その証としてご本尊様の名前や日付の入った手紙に「朱」で押印したものをいただいたそうです。
今では、仏様と”ご縁を結ばれた”証しとしてご朱印をいただくようになりました。

北向観音の御朱印「大悲殿」

北向観音の御朱印:大悲殿
北向観音の御朱印袋
北向観音の御朱印:大悲殿(2022年日本遺産)

せっかくですので、日本遺産ロゴ入りの御朱印をいただきました。

御朱印代

  • 大悲殿 300円

通常御朱印の大悲殿の御朱印は300円です。

(なお、日本遺産ロゴ入りの御朱印は500円(書き置きのみ)でした。)

御朱印帳

北向観音の御朱印帳

北向観音のオリジナル御朱印帳が頒布されています。

御朱印帳は3種類あります。種類と価格は次の通りです。

  • 御朱印帳(北斗七星)色:ブルー・ピンク 各1,900円
  • 御朱印帳(愛染桂)色:紫・ピンク・白 各1,700円
  • 御朱印帳(シンプル) 1,500円

また、朱護箋も頒布されています。

※朱護箋とは、御朱印帳用吸収紙のついたしおりのことです。

  • 朱護箋 色:紫・ピンク・黄色 各700円

写真では紹介していませんが、御朱印の他にもさまざまな御守りが頒布されています。

御朱印の頂き方

北向観音堂(お堂)の左手にある御朱印受付所

北向観音堂向かって左手に御朱印受付所があります。

お守りもこちらで頒布されています。

その他見どころ

北向観音堂に安置された賓頭盧尊者像
北向観音堂の境内にある夫婦杉
北向観音の境内にある温泉薬師瑠璃殿

北向観音の境内にはいくつかの見どころがあります。

本堂内に安置された賓頭盧尊者像や、境内の夫婦杉。また、温泉薬師瑠璃殿などのお堂も複数あります。

さらに、映画にもなった有名な愛染桂(あいぜんかつら)もあります。

北向観音参拝情報

駐車場

北向観音には有料駐車場が完備されています。

北向観音の駐車場マップ
出所:別所散歩・別所温泉観光協会

北向観音に最も近い駐車場は「観音下駐車場」です。

また、赤丸で囲いましたが「観音前駐車場」にも車を停めることができます。

観音下駐車場・観音前駐車場ともに有料の駐車場です。観音下駐車場から北向観音は徒歩3分程度であり、大型の駐車場です。また、トイレも完備されていますのでおすすめです。

北向観音の観音下駐車場受付

駐車場の入口に、駐車場受付があります。

ここで駐車料金(一般車は500円)を前払いで支払い、車を停めます。1回500円であり、駐車時間の制限はありません。

なお、観音下駐車場の営業時間は午前9時から午後4時30分までとなっています。

別所温泉の旅館に宿泊される方は、北向観音まで徒歩で参拝に行くこともできます。
また、別所温泉には日帰りの入浴施設がいくつかあり、それらの無料駐車場に車を停めることもできますが、距離的に歩くところが多いのでここでは紹介していません。

場所

  • 住所 長野県上田市別所温泉1656
  • 電話番号 0268-38-2023



管理人