祖父江善光寺東海別院御開帳(平成21年)

祖父江善光寺東海別院御開帳平成27年チラシ



祖父江善光寺では極楽をこの世で拝むことができる

祖父江善光寺東海別院は7年に1度の御開帳が行われます。平成21年六善光寺同時御開帳の1つとなっています。

祖父江善光寺東海別院の御開帳スケジュール

御開帳期間 平成21年3月20日~6月27日

  • 3月20日 開扉大法要
  • 5月8日 中日大法要
  • 6月27日 結願大法要

祖父江善光寺東海別院御開帳の見どころ

祖父江善光寺東海別院御開帳平成27年チラシ
平成27年御開帳チラシ(表)
祖父江善光寺東海別院御開帳平成27年チラシ
平成27年御開帳チラシ(裏)

1.本堂

本堂は全国の善光寺と同様、信州善光寺本堂を模した鐘木造りでつくられています。信州善光寺本堂の3分の2の大きさを誇り、平成20年に新しく修繕されています。

2.回向柱

この回向柱に触れることで御本尊と結縁を結ぶことが出来ます。

3.極楽戒壇めぐり

祖父江善光寺の中で最も有名なのが、極楽浄土戒壇めぐり。暗闇を進んでいくと、幻想的な光の中に阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩、十六観音菩薩が安置された荘厳な極楽浄土があらわれる。

”極楽をこの世で拝める善光寺”としてうたわれています。

参拝料は無料となっているが、お戒壇めぐりを行う場合には大人300円、小人150円が必要となります。

また、御開帳期間中には、御回向、御祈願の法要が厳修されることになっています。

祖父江善光寺東海別院平成21年御開帳
平成21年御開帳チラシ

祖父江善光寺東海別院へのアクセス

<電車の場合>
・名鉄尾西線 森上駅よりタクシーで5分
・東海道新幹線 岐阜羽島駅よりタクシーで15分

<自動車の場合>
・名神高速 羽島ICより南東へ車で15分
・東名阪高速 東名阪弥富ICより北へ車で25分
※無料駐車場完備(自家用車100台、大型バス20台)



管理人