善光寺へ長野駅から徒歩・バス・タクシーで行く



    



トップページ » 善光寺の参拝ガイド » 長野駅から徒歩かバス・タクシーで行く

長野駅から徒歩か、バスで、善光寺へ向かう

長野の善光寺に参拝に来る場合、車か電車・バスで来るという2つのパターンが考えられます。電車やバスの場合にはダイレクトに善光寺に乗り入れる便もありますが、通常は長野駅での降車が多いと思います。マイカーで善光寺に来る場合には、善光寺周辺に駐車することも長野駅周辺に駐車することも自由です。

電車(新幹線)や高速バスなどで長野駅に降りる場合には問題ありませんが、マイカーで来る場合には、できれば善光寺の駐車場ではなく長野駅周辺の駐車場などに車を置いたほうが良いです。その理由は2つあります。

1つ目は、単純に善光寺の駐車場が混み合うということです。(ただし、休み期間中以外の平日ならば余裕で停めることができます)

遠方から参拝に来るのであれば、週末や祝日、連休などを上手くやりくりして長野に入ると思います。善光寺はゴールデンウィークやお盆などの連休はもちろん、通常時でも週末などは混雑します。善光寺の駐車場に向かったのはよいけれど、満車状態で渋滞に巻き込まれる可能性もあり得ます。

2つ目は、善光寺の駐車場は本堂の裏手にあるということです。

ですから、裏手に車を駐車することになってしまい、参拝の時には本堂の方から善光寺の敷地内に入ることになります。善光寺参拝の醍醐味は、やはり入り口から入って、仁王門を抜け、賑わいある仲見世を通り、そして山門を抜けて本堂に至る、というのが最も理想です。

車で参拝に来る場合には、少し善光寺から離れた場所に置くようにした方が良いです。

長野駅周辺とまでは行かなくても、少し善光寺から離れるだけで、混雑も解消され、門前町を徒歩で散策しながら善光寺に行くことも十分可能です。善光寺周辺のおすすめの駐車場はこちらを参考にしてください。

徒歩で善光寺へ向かう


長野駅から善光寺に行く方法はいくつかありますが、歩いてもそれほど大した距離ではありませんので、時間に余裕があれば長野駅前から歩くと言うのもおすすめです。

30分程度で長野駅から善光寺へ行くことができます。道も直線ですから、迷うことはありません。

善光寺までの道案内がある

長野駅周辺には至るところに善光寺までの道案内の標識や地図が配置されています。安心して徒歩で向かうことができます。

こちらで長野駅から善光寺までの道のりを写真で紹介していますので、徒歩で向かう時の参考にしてください。

バスで善光寺へ向かう


長野駅からはバスで行く方法も手軽でおすすめです。市内循環バスと路線バスがありますが、どのバスに乗っても善光寺までは150円です。時間は5分~10分程度(乗るバスのコースによって少しだけ時間が異なります)ですから、タクシーで行くよりは安く上がります。市内循環バスは本数も多いのでおすすめです。

善光寺行きのバス

善光寺へバスで行く方法はこちらに整理してありますので参考にしてください。

タクシーで善光寺へ向かう


長野駅にはタクシーが待機しています。

長野駅から善光寺までのタクシー料金は、長野駅の表示によると「1,110円」とあります。時間は8分です。

善光寺までタクシーで行く

4名で乗車すればそれほど割高感はないと思います。また、足の不自由な方がいる場合などには重宝するでしょう。(ただし、善光寺の参道入口から参拝する場合、タクシーを降りてからもかなりの距離を歩くことになります。ですから、裏手までタクシーで行くと、本堂まではかなり近くなると思います)

長野駅には待機タクシーが常駐していますので、呼ぶ必要はありません。そのままタクシー乗り場で乗り込めばOKです。

なお、街中はそれほど多くのタクシーが走っているわけではありませんので拾うのは骨が折れる可能性があります。気軽にタクシーを拾えるような地域ではないという前提で、駅のタクシー乗り場で拾うのがおすすめです。

電車で善光寺へ向かう(おススメしません!)


電車で行くこともできます。長野電鉄に乗り、「善光寺下」という駅が善光寺への最寄り駅になります。

しかし、善光寺下から善光寺までは10分程度歩きますし、善光寺門前街ではなく、脇の道から善光寺に入るような形になるのであまりおすすめできません。長野電鉄で善光寺下駅に行くよりは、バスを使った方が早く、安く上がります。(善光寺下駅からは坂道を登って善光寺に行く必要があり、結構大変です)

いずれにしても、長野駅と善光寺の距離はそれほど大した距離ではありませんので、ゆっくりと歩いて、全国屈指とも言われる門前の町並みを見るもの良いと思います。長野市は善光寺を中心に構成されていると言っても過言ではありませんが、歩くことによりそれが良く体感できると思います。


国宝善光寺の参拝ガイドを紹介