特別御朱印(世尊院釈迦堂)令和三年

善光寺釈迦堂の限定御朱印(特別御朱印)



釈迦堂の初詣(正月)限定御朱印

令和3年1月2日に善光寺へ初詣に出掛けました。

仲見世の途中にある「釈迦堂」に参拝した際、特別御朱印をいただくことができました。

世尊院釈迦堂では、正月に特別御朱印を頒布するのは恒例となっているのですが、数量限定ということもあってなかなかいただくのは難しいのです。今年は、新型コロナウイルス感染症の影響もあって参拝者がばらけたこともあり、1月2日に参拝した際にはまだいただくことができました。

善光寺の仲見世通り

善光寺の境内(仲見世)を山門に向かって進んでいくと、左に延命地蔵尊があります。延命地蔵尊が向く方向に善光寺の世尊院釈迦堂があります。

善光寺釈迦堂(世尊院)

3つの特別御朱印(数量限定頒布)

善光寺釈迦堂の限定御朱印

今回、3つの特別御朱印をすべていただくことができました。

右から「摩利支天」「涅槃釈迦如来」「毘沙門天」です。

台紙が特徴的なものとなっていますので、紙のみの頒布のみとなり、帳面書きは行っていないようです。また、価格は1枚あたり500円です。

摩利支天

善光寺釈迦堂の限定御朱印「摩利支天」

涅槃釈迦如来

善光寺釈迦堂の限定御朱印「涅槃釈迦如来」

毘沙門天

善光寺釈迦堂の限定御朱印「毘沙門天」
善光寺釈迦堂の御朱印袋

世尊院釈迦堂の朱印袋は善光寺と同じものを使っているようです。

ただし、「釈迦堂」というスタンプが押されており、釈迦堂で頒布していることを区別できるようになっています。

善光寺の釈迦堂(世尊院)では、初詣のタイミングで特別御朱印(限定御朱印)の頒布を毎年行っていますので、初詣に行く際にはチェックしてみてください。



管理人