初詣は信州長野善光寺で



    



トップページ » 長野灯明まつり・初詣で・善光寺花回廊 » 2010年(平成22年)2年参り・初詣で情報 » 初詣では信州長野善光寺で

長野で初詣と言えば善光寺が定番

年の初めに欠かせないものが初詣で。長野で初詣と言えば、善光寺が人気です。長野県以外の人からすると、「初詣は神社では?」と思うかもしれませんが、長野の人はお寺である善光寺に初詣に出掛けます。もちろん、2年参りを目的に善光寺に参拝に訪れる人も多く、地元の人はもちろん、スキー客などで善光寺の境内はごったがえすことになります。

善光寺は長野で最も参拝者が多く、

  • 2006年 約37万人
  • 2007年 約42万人
  • 2008年 約45万人
  • 2009年 約43万人

年々参拝者が増えていましたが、2009年には若干減少しています。2009年には、7年に一度の御開帳が実施されるため、参拝者が増えることが予想されていましたが、連休が続いたこともあって、人出が分散したのではないかというように言われています。いずれにしても、40万人を超える人出は長野ではもちろん最大の規模を誇ります。

初詣のお参りはもちろん、お守りや御札、おみくじを購入する人で善光寺は賑わいます
2009年は御開帳もあり、善光寺は1月~5月まで大変賑わっていました。現在は御開帳も終わり、人の流れは非常に落ち着いています。

御開帳の際の参拝者の数は凄いものでしたが、毎年の初詣の時期もたくさんの人が善光寺に訪れます。特に、2年参りの参拝者も多い、2010年のまさに年初めにはたくさんの人で善光寺は賑わいます。

また、1月1日(元旦)の朝9時くらいからは、初詣の参拝者が女児に増えてきますので、狙い目は朝9時以前でしょう。その時間帯であれば、比較的ゆっくりと初詣を行うことができます。

2009年は連休分散により、人出は少し減少しました。2010年の初詣状況は恐らく昨年並みとなるでしょう。また、雪などの天候により参拝者の数が大きく左右されるのも、雪国である長野ならではでしょう。

初詣で是非やっておきたいのが、年初めの運試し「おみくじ」です。善光寺では、初詣の最中にはおみくじを買い求める参拝者の行列ができるほど人気です。また、1年間の想いをこめて御守りや御札も是非購入しておきたいところです。

なお、初詣期間中は善光寺周辺の交通機関はマヒ状態になります。特に、善光寺本堂の裏手にある善光寺の駐車場は観光バスなども入ってきますから、非常に混み合います。雪など降っていたら、大混乱で、駐車場に車を入れるまでに数時間かかることも珍しくありません。

駐車場は長野駅前周辺や、善光寺から少し離れた権堂などの駐車場を利用したほうが無難です。特に2009年から2010年の年末年始は、車で移動する人が増えると言うことが言われていますので、注意してください。

2010年の始まり。是非、善光寺の初詣から始めてください。


善光寺の初詣でに行ってきました【2010年・平成22年】