初詣でに行ってきました



    



トップページ » 長野灯明まつり・初詣で・善光寺花回廊 » 2009年(平成21年)2年参り・初詣で情報 » 人出・参拝者数 [初詣でレポート1]

人出・参拝者数 [初詣でレポート1]

長野県では最も初詣客を集める善光寺。管理人も初詣では信州の善光寺に行くのが毎年恒例になっています。

善光寺初詣での風景(山門)
2009年(平成21年)の幕開けは、雪がチラつく空模様でしたが、善光寺には多くの参拝者で朝早くから混雑していました。

今年は道路(石畳)に雪がなく、通行にも支障がなかったと言えます。(大雪に見舞われる年は、根雪となっており歩くのも大変だったりします)

今年は7年に1度の御開帳の年でもあり、多数の人出が予想されていました。善光寺の初詣での人出は毎年確実に増えていたのです。詳細は、初詣では善光寺に行こうへ。

しかし、1月6日付けで発表された初詣での人出・参拝者数の集計結果は43万人と昨年比で4%ほどの減少。これは少し意外な数値で、まさか減少するとは思いませんでした。

長野県では、善光寺のほかに諏訪大社(上社・下社)などが初詣ででは有名ですが、諏訪大社においても参拝者は減少しています。

善光寺本堂に集まる初詣で客
通常であれば、不景気になると初詣での参拝者は増えると言われていますので、100年に1度といわれる不況下の中、初詣での人出が減るというのはなぜでしょう?

善光寺は4月から御開帳を控えているので、場合によっては御開帳の時に行く予定だから、初詣では別の神社や寺院へ、というような人が増えたのかも知れません。

また、不景気の影響であまり遠出をすることを控え、近所の神社や寺院で初詣でを済ませた人もいたかも知れません。

他の要因としては、4日が休みだったために、4日に初詣でを行った人も多かったのでは?ということも指摘されています。

(ちなみに、43万人というのは三が日での数字です。従って、4日の人出・参拝者数は含まれていません)

善光寺への人出・参拝者数が減った真因は分かりませんが、今年1年、皆さんにとって良い年になりますように。


善光寺の初詣でに行ってきました【2009年・平成21年】