平成28年(2016年)善光寺初詣で



    



トップページ » 長野灯明まつり・初詣で・善光寺花回廊 » 2016年(平成28年)2年参り・初詣で情報 » 善光寺初詣でレポート

平成28年は新春特別祈願からスタートしました

恒例の善光寺初詣。今年はゆっくりと参拝する時間が取れたので、久しぶりの「新春特別祈願」を受けてきました。参拝に行ったのは1月4日で、既に三が日は過ぎていたこともあり、それほど混雑はしていませんでした。

それでは、善光寺の初詣をレポートします。

善光寺の参道入口

善光寺の大本願

最近は御朱印をいただく参拝者が増えてきて、大本願でも専用の御朱印スペースを設けていたほどです。

世尊院釈迦堂

世尊院の釈迦堂です。釈迦堂も御朱印を待っている参拝者の姿を見かけました。

門前町から仁王門を見る

参道の商店

門前町はおやきやソフト、まんじゅうなど飲食を積極的にアピールしていて、食べ歩きしている参拝者も近年は増えてきています。初詣の時期は、温かい湯気を見せられて「甘酒」とかやられると飲みたくなっちゃうんですよね。

大勧進

大勧進は厄除け(護摩)でこの時期は混雑しています。

善光寺不動尊

大勧進の御守授与所

大勧進の護摩堂

善光寺山門

善光寺の山門です。毎年のことですが、「賀正」の掲示をみることで正月って感じがするのです。

山門拝観

山門拝観ができます。急な階段を上ることになりますが、山門の中から見る参道は格別の光景です。

善光寺本堂

善光寺本堂前

善光寺本堂前

善光寺の本堂前は、1月も4日ということもありそれほど混雑はしていません。早いところは仕事も始まっていますので、スーツ姿で参拝に来ている人も多く見かけました。近所の会社に勤めている人たちでしょうか。

開運だるま

だるまの色について

昨年ぐらいから積極的に頒布されている開運ダルマです。それぞれの用途に合わせた色があるんですね。

御守授与所

新春祈願の御札

新春還暦特別祈願

善光寺では普段も祈願・祈祷を受け付けていますが、正月は「新春特別」の祈願を受けることができます。

今回は、厄除けとして新春特別祈願を受けてきました。

新春特別祈願待合所

待合所の様子

専用の待合所が用意されています。1日に数回実施されていますが、私は午前中に参加したのですが、待合所で待機している人は20名ぐらい、そのほか宿坊単位で参加する人もいて、最終的には50名程度が参加していたと思います。スーツ姿のサラリーマンも多く、法人としての祈願も見かけました。

新春特別祈願の御札

善光寺新春特別祈願

時間になると、内々陣に案内され、祈願が行われます。この際、普段は閉じられている厨子の帳を開けてもらえますので、ご本尊の近い場所でお詣りすることができます。祈願後は、祈願内容と名前が書かれたお札を受け取り終わりとなります。なお、そのままご戒壇巡りを行う(無料で)こともできます。私はせっかくなので久々にお戒壇をやってきました。

しっかりと錠前に触れてきましたので、今年は良いことがありそうです。