信州長野 善光寺とは



    



トップページ » 善光寺とは

日本最古のみ仏を祀る国宝善光寺

善光寺は、1400年の歴史を持つ日本を代表するお寺です。

国宝善光寺の本堂

ご本尊は「一光三尊阿弥陀如来」で、インド・朝鮮半島百済を経て、欽明天皇13年(552年)に日本に渡られ、この仏さまを本田善光さんが信州の地に安置されました。本田善光さんがお始めになった(ご開山)お寺であることから、「善光さんのお寺(善光寺)」と呼ぶようになりました。

国宝に指定されている現在の本堂は、江戸時代の宝永4年(1707年)に5年の歳月を経て完成したもので、300年の歴史を誇ります。木造建築としては、奈良・東大寺大仏殿、京都・三十三間堂とともに日本を代表する規模で、撞木造りという独特な建築様式が用いられています。

生身の如来といわれる善光寺如来は、生きている人と同じようにあたたかい体をしておられ、おすがりする者はすべて極楽往生を約束してくださる仏さまといわれています。

善光寺さんが全国に知れられるようになるのは平安時代の末期。当時、有名なお寺は決まって女人禁制でした。ところが、善光寺は最初から庶民の寺で女性も救う寺として知られていました。身分の差も男女の区別もなく、お参りすれば誰でも極楽往生できると信じられ、全国から老若男女が訪れるようになったのです。

年間五百万とも七百万ともいわれる参拝者のある善光寺。平成10年には、善光寺がある信州長野市で冬季オリンピックが開催され、世界中から集まった人々が善光寺の参道を埋め尽くしました。

創建から一宗一派にこだわることなく常に全ての信徒を受け入れてきた善光寺。そして、ご本尊一光三尊如来はいつも全ての人に救いや希望をもたらして下さり、参拝者が途絶えることはありません。