経蔵(輪廻塔)



    



トップページ » 善光寺の見どころ一挙紹介 » 経蔵(輪廻塔)

国の重要文化財に指定されている経蔵(きょうぞう)

経蔵(きょうぞう)は本堂に向かって東側に見える建物です。

経蔵(きょうぞう)

経蔵は宝暦5年(1755)に造り始め、同9年(1757)に完成した歴史ある建物であり、宝形造りで正面、奥行きともに15.4メートルの正方形の建物です。

内部は石敷きで、中央に八角の輪蔵があります。

輪蔵は、水平に柱が角のように出ていて、押すと心棒をめぐって独楽(こま)のようにくるくる回転するようになっています。

輪蔵の中には、鉄眼黄檗版一切経(6771巻)が収められています。

経蔵にある八角の輪蔵

経文を読まなくても輪蔵を回すだけで、お経を読んだことになり、功徳をもたらしてくれると言われています。

ただし、扉が開けられるのは正月やお盆、彼岸に限られています。

(2枚目の写真の内部に見えるのが輪蔵です。金網によって内部に入ることが出来ないようになっているのが分かると思います)

経蔵前にある輪廻塔

経蔵の中には、輪蔵のほかにも伝教大師や慈覚大師像、中国で輪蔵を発明した傳大士像、釈迦三尊像、如意輪観音などが安置されています。

経蔵の前には輪廻塔があります。(写真3枚目)

輪廻塔には「南無阿弥陀仏」の文字が刻んだ石車がついており、これを回すことで功徳を積むことができると言われています。

誰でも回すことができますので、是非回してみてください。意外と固くて簡単には回せないかも知れません。なお、輪廻塔は注意深くしないと見落としてしまうことがあります。


国宝善光寺の見どころ一挙紹介