善光寺信仰展・長野県信濃美術館



    



トップページ » 御開帳期間中に行われるイベント【平成21年】 » 善光寺信仰展・長野県信濃美術館

善光寺信仰展-善光寺御開帳記念”いのり”のかたち

善光寺の御開帳を記念して、長野市の善光寺周辺では御開帳期間中様々なイベントが実施されます。善光寺の目と鼻の先にある長野県信濃美術館では、御開帳期間中に特別展が実施されます。

長野県信濃美術館・東山魁夷館案内板

長野県信濃美術館で行われるのは善光寺信仰展。各地にある善光寺信仰を伝える仏像などが、約60点ほど展示されます。

善光寺の御本尊は、善光寺式阿弥陀三尊と言われ、極めて特徴的な形をしていますが、その御本尊を模したものは全国で二百数十例あると言われ、今回はそのいくつかの仏像が展示されます。

善光寺式阿弥陀三尊とは、中央に阿弥陀如来、両側に観音菩薩と勢至菩薩の脇侍を配し、3体が1つの光背で覆われているという特徴を持っています。

もともと善光寺の御本尊である一光三尊像は絶対秘仏であるため、善光寺式阿弥陀三尊像と言っても、その特徴は各々異なると言われています。

今回の善光寺信仰展では、善光寺式阿弥陀三尊像の特徴を持ちつつも、サイズや材質などが異なるたくさんの仏像が展示されることになります。福島県いわき市の重要文化財である阿弥陀三尊像(善光寺式)や、佐久市福王寺の重要文化財である阿弥陀如来座像はじめ、多くの仏像や仏像の制作工程の資料も展示されます。

長野県信濃美術館は善光寺から歩いても数分ですから、御開帳に来た際には合わせて立ち寄ってみると良いでしょう。

【善光寺信仰展の情報】
開催期間 2009年4月4日(土)~5月31日
入場時間 9時~17時(最終入場16時30分)
料金 前売り券1,000円(大人)※4月3日までの発売
    当日券 1,200円(大人)、900円(大学生)
    20名以上の団体1,100円(大人)、800円(大学生)
 ※高校生以下は無料

その他 駐車場はありますが、込み合いますので別のところに置いた方が無難です。駐車場マップを参考にしてください。


善光寺の御開帳期間中に行われるイベント