前立本尊御遷座式・回向柱開眼法要



    



トップページ » 善光寺御開帳特集【平成27年】 » 前立本尊御遷座式・回向柱開眼法要の様子を紹介

御開帳前日(平成27年4月4日)の善光寺を写真で紹介

平成27年4月5日より始まる善光寺の御開帳。

前日の4月4日には、前立本尊御遷座式と回向柱開眼法要が行われました。

当日は雨の心配もありましたが、曇り空となりました。

善光寺の入口

平成27年御開帳の高札

御開帳の開催を知らせる高札があります。

「御印文令頂戴者也」と書いてありますが、御開帳期間中は通常は正月の7日~15日までしか授けてもらえない御印文を誰でも授けてもらうことができます。

仁王門の手前にある宿坊の桜

仁王門に向かう参道には宿坊があります。桜は五分咲きぐらいでしょうか。

善光寺参道を歩く参詣者たち

三門に掲示された祝善光寺御開帳の文字

三門の前に集まる参詣者たち

大勧進を見つめる参詣者

三門の手前には、参詣者が列をなしています。
参詣者の見つめる先には大勧進があり、この時、前立本尊が安置された厨子が輿に乗せられて運ばれるところです。

本堂前まで人でいっぱい

善光寺本堂前に集まる参詣者

本堂前には警察官の姿も

4月3日回向柱建立式で立てられた本堂前の回向柱

本堂前には、前日の4月3日、回向柱建立式で立てられた高さ10メートルもの回向柱。
そして、警察官や警備員などにより本堂前は厳戒態勢。
これから始まるのが、前立本尊御遷座式です。

前立本尊御遷座式とは?
前立本尊御遷座式とは、白装束に身を包んだ男性たちが担ぐ輿に前立本尊が安置された厨子をのせて、御宝庫から本堂まで運ぶもの。

本堂前で開催される前立本尊御遷座式

本堂前に前立本尊をのせた輿がきました

この輿の中に前立本尊が安置された厨子があります

一斉に写真を撮る参詣者たち

白装束に身を包んだ男性たち

回向柱を過ぎて本堂へ進みます

前立本尊が輿に担がれて本堂へ

前立本尊御遷座式の様子

善光寺本堂の中に入る前立本尊

前立本尊は内陣の中へ運ばれる

住職によって内々陣へ運ばれる前立本尊

前立本尊が本堂へ運ばれた後の本堂前

前立本尊御遷座式後、参道の様子

前立本尊御遷座式後、回向柱開眼法要が行われるまでは時間があります。

その間、参詣者は参道を歩きながら、散策していました。

善光寺参道を散策する参詣者たち

世尊院釈迦堂前の様子

世尊院釈迦堂の前に建てられた回向柱。

御本尊の釈迦涅槃像と結縁することができます。

世尊院釈迦堂前に建てられた回向柱

この後、本堂前では前立本尊御遷座式に続いて、回向柱開眼法要が行なわれました。

回向柱開眼法要では、大勧進貫主と大本願上人だともに序幕の綱をひき、回向柱を覆っていた白布が取り払われます。
そして、回向柱の前で営まれる法要により、回向柱に阿弥陀如来の魂が宿ると言われています。


平成27年の善光寺御開帳を大特集

御開帳初日4月5日を写真で紹介!御開帳に行ってきました【ダイジェスト】

5月2日の夜の善光寺を写真で紹介!ライトアップされた夜の本堂と回向柱

善光寺御開帳記念!アートアクアリウム展長野に行ってきた【5月13日】

5月5日の【善光寺花回廊】ながの花フェスタ2015を写真で紹介!

平成27年善光寺御開帳期間中の混雑や交通渋滞、駐車場情報