関善光寺御開帳(2009年六善光寺同時御開帳)



    



トップページ » 六善光寺同時御開帳特集【平成21年度】 » 関善光寺御開帳(2009年・平成21年)

日本唯一の卍戒壇がある関善光寺

宝暦3年(1753)、関の庄屋・広瀬家により建立されたのが旧本堂であり、現在の大仏殿にあたる。寛政10年(1798)、信州善光寺の出開帳(御開帳の出張のようなもの)が行われた縁から、約10年をかけて善光寺如来堂(現在の本堂)が建立された。

信州善光寺に模したといわれる本堂は、大きさは約3分の1ながら、そっくりであり、「ミニ善光寺」とも言われている。

関善光寺御開帳のチラシ

関善光寺の御開帳スケジュール
平成21年4月5日~5月31日

・4月5日 開闢大法要
・4月25日 採燈護摩供養
・4月26日 中日大法要・稚児行列
・5月31日 結願大法要

 関善光寺御開帳の見どころ

「本堂」
本堂は、信州善光寺本堂を模した鐘木造りでつくられている。サイズこそ3分の1であるが、「ミニ善光寺」と言われるほど信州善光寺のそっくりの本堂がある。

「大仏殿」
約5メートルの阿弥陀如来像が安置されており、その大きさは木造仏としては岐阜県下最大。脇侍の観音菩薩、勢至菩薩とともに奥州平泉の中尊寺から招来したと伝えられる。

「卍型お戒壇めぐり」
日本唯一といわれる関善光寺の卍型お戒壇めぐり。珍しい形と、49メートルという長さでとても有名である。戒壇内にある鍵に触れるとご利益があるとされる。

関善光寺へのアクセスマップ

参拝料は無料となっているが、お戒壇めぐりを行う場合には大人300円、こども100円が必要となる。

関善光寺へのアクセス
<電車の場合>
・長良川鉄道 関駅下車 西へ徒歩5分

<自動車の場合>
・東海北陸自動車道 美濃ICから関市方面へ車で15分
・東海北陸自動車道 関ICから関市内方面へ車で20分
※駐車場完備


史上初!六善光寺同時御開帳