出開帳のシンボルともいえる回向柱が建立された



    



トップページ » 善光寺出開帳両国回向院 » 回向柱が建立されています(4月19日)

出開帳シンボルの回向柱はさすがの迫力です

平成25年4月27日から開催される、善光寺出開帳両国回向院。

4月19日の時点で、出開帳のシンボルともいえる「回向柱(えこうばしら)」が回向院に建立されていました。

回向院に建立された回向柱の存在感

いかがでしょうか、この存在感。回向柱の向こうに見えるのが念仏堂です。念仏堂に出開帳仏が安置され、御仏の右手と糸(善の綱)によって結ばれます。今の時点では、まだ善の綱は繋がれていませんね。

他の角度からの写真もどうぞ。

回向柱は大きい いろいろな文字が書いてあります

回向柱は、4面すべてに梵字などで文字が書いてあります。

ちなみに、上の写真だと大きさのイメージが分かりにくいかも知れませんので、下の写真を見てみてください。

奥に見えるのが回向柱

奥に見えるのが回向柱です。大きさは、40センチ角で7メートルと言われていますので、実際にはかなり大きいものです。

出開帳開催中には、この回向柱に多くの人が触れることになります。今の時点ではまだ参拝者はいませんが、信州善光寺の御開帳の時には、回向柱の前は長蛇の列になり、1時間待ちとかは珍しくありませんから、今回はどのくらい待つのでしょうか。

ちょっと予想もできないですね。


【超速報】4月27日初日に行ってきました

出開帳の開催中に行われるイベント情報

出開帳準備中の下見情報

その他のトピック