善光寺の御本尊は一光三尊式阿弥陀如来(善光寺如来)



    



トップページ » 絶対秘仏の善光寺ご本尊の謎 » 善光寺式三尊像(一光三尊阿弥陀如来)善光寺如来とは

一光三尊式阿弥陀如来(善光寺如来)

善光寺のご本尊は三国伝来の「日本最古の御仏」といわれています。

善光寺縁起によると、善光寺如来は日本に渡ってから約100年後、信州長野に運ばれてから10年ほどが立つ頃に自身のお告げにより、お隠れになったとされています。

それ以降、7年に一度の御開帳にさえ姿を見せず、善光寺本堂奥の厨子の中に安置されています。(御開帳で公開されるのは前立本尊といい、ご本尊を模鋳したものです))ですから、善光寺のご本尊は絶対秘仏であり、現在に至るまで参拝者ばかりでなく、善光寺の僧侶でさえ見たことがありません。

つまり、今までに誰も見たことがないということです。

では、善光寺のご本尊はどのような姿をしているのでしょうか?

善光寺が配布しているチラシを見ながらご説明していきます。

善光寺のご本尊(一光三尊阿弥陀如来)の姿画像

阿弥陀如来を中心に、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩の三尊が一つの光背(大型の舟型光背)を背にして立っています。

中央の阿弥陀如来の右手の印相(手の形)は、手のひらを開いて前面にかざす施無畏印(せむいいん)と呼ばれ、衆生の畏れを取り除くことを意味しています。

左手の印相には大きな特徴があり、手を下げ、第二指、第三指を伸ばし、他の指を曲げた形をしており、刀剣印(とうけんいん)と呼ばれるとても珍しい印相です。

左右の菩薩の印相も、梵篋印(ぼんきょういん)と呼ばれ、胸の前に左右の手のひらを上下に重ね合わせる珍しい格好をしています。中には真珠の薬箱があると、善光寺縁起では伝えられています。

三尊が立っているのは、蓮の花びらが散り終えた後に残る蕊が重なった臼型の蓮台です。

これらの全ての特徴を備えたもの仏像を「善光寺式三尊仏」と呼び、全国各地にある善光寺のご本尊として安置されています。

この写真の一光三尊阿弥陀如来は、前立本尊を忠実に再現したとあります。

善光寺のご本尊は絶対秘仏ですが、それを模鋳した前立本尊が7年に1度の善光寺御開帳時に公開されます。

つまり、前立本尊はそもそもご本尊の模鋳であることから、ご本尊と同じ形をしていると考えられますので、この写真にある一光三尊阿弥陀如来が善光寺のご本尊を同じ形をしていると考えて良いということになります。

前立本尊の大きさは、中尊が約42センチ、菩薩が約30センチであり、ご本尊も同じ大きさと考えられます。


絶対秘仏の善光寺ご本尊の謎