善光寺のはじまりがわかる善光寺縁起



    



トップページ » 善光寺について詳しく知る » 善光寺縁起

善光寺の歴史の物語-善光寺縁起-

秘仏の阿弥陀如来の生まれから、善光寺はいつ、だれが長野の地に創建したのか。その物語が善光寺縁起にはあります。

善光寺は現在になっても多くの謎に包まれています。善光寺の始まりは、今から約1400年前の皇極天皇3年(644)と言われていますが、これを伝えるのが善光寺縁起です。

善光寺縁起とは、善光寺の成り立ちを物語としてまとめたもの。この善光寺縁起には、秘仏の阿弥陀如来がどのようにして生まれたのか、善光寺はいつ、だれが長野の地に創建したのか、など、善光寺の謎を解く手がかりがたくさん記されています。

そもそも善光寺とは、本田善光さんのお寺という意味で、善光の寺から善光寺の名がきていると言われています。そのような善光寺の成り立ちについて触れているのが善光寺縁起なのです。

善光寺縁起では、善光寺の始まりを今から1400年前と伝えているものの、その創建に関する歴史的資料はありません。ただし、善光寺の境内から出土した瓦の特徴から、善光寺の創建は飛鳥時代(7世紀後半)と推定されています。

善光寺の名は、10世紀中頃と考えられる古文書に初めて認められており、12世紀中頃、延暦寺の僧皇円によって著された「扶桑略記」の中で歴史に初めて善光寺縁起が登場しています。 それでは、実際に善光寺縁起をダイジェストでご紹介します。(善光寺御開帳公式ハンドブックより抜粋)

>> 善光寺縁起【全編】へ


善光寺について詳しく知る、その他の記事