松尾芭蕉と小林一茶が詠む善光寺



    



トップページ » 善光寺にまつわる話 » 松尾芭蕉と小林一茶も善光寺を訪れた

松尾芭蕉や小林一茶も訪れた善光寺

小林一茶の句碑

古くからある善光寺にはたくさんの人が訪れている。その中でも、松尾芭蕉と小林一茶は善光寺を参拝し、句を残している。

「月影や 四門四宗も 只一つ」
これは、松尾芭蕉による句です。

松尾芭蕉が貞享5年(1688)に、善光寺を参拝した際に詠んだ句です。この旅の様子は「更級紀行」に記されています。

句の内容としては、夜空の月に託してあらゆる宗派が集まっている善光寺の特徴を詠んだもので、無宗派の善光寺を物語るものです。(善光寺は一宗一派にかたよることなく、すべての宗派に門戸を開く、宗派を超えたお寺です)

小林一茶は信濃・柏原(信濃町)の出身ですから、善光寺とはとても近い存在です。そのため、善光寺に関しては多くの句を残しています。

有名なものでは、 「春風や 牛に引かれて善光寺」 「開帳に逢ふや 雀もおや子連れ」 などがあり、この2つの句は善光寺の本堂東の碑に刻まれています。(写真がその碑です)

また、芭蕉や一茶の他にも、良寛が参拝していますし、正岡子規も善光寺を訪れています。正岡子規は、明治の大火の年に参拝し、「あれ家や茨花さく臼の上」という句を詠んでいます。


その他の善光寺にまつわるいろいろな話